おひーさんサンサンいも畑

徳島鳴門 長谷農園 ブログ

今なら干し芋が一番です!

2012/12/02

温暖な四国鳴門市でも、さすがに曇って小雨が降った今日は、

手足も冷たくなるほど寒かったです。

気温が低く、乾いた風が吹くと、

蜜郎の干し芋作りがおすすめです。

今日さっそく、我が家の、蜜郎を使って出来たばかりの

蜜郎干し芋をいただきました~。

 

干し芋は、栄養価も高くかみごたえがあってさらに甘さが増します。

特に、蜜郎は、色が綺麗で、自然の甘さだけで充分甘い干し芋が出来上がります。

作り方

①蜜郎2Sや3Sサイズなどの細いお芋(この方が皮をむくだけで、切らずに使える)を

皮をむいて、ゆでる。(くずれないぐらいやや固め)

②ザルの上に並べ、数日間乾かす。(雨などにはあてないでください。)

ザルの変わりに、ネット、干物などを干す編みかご などでも大丈夫。

③自分の好きな固さになれば、取り入れる。

やや柔らかみが残った方がいい方は、表面が乾いたぐらいで、取り入れる。

噛みしめがしっかり欲しい方は、充分な日数をかけて乾かす。

 

砂糖無しです。