2019年度いよいよ始動

2019/02/09

この前蜜郎販売開始になりバタバタしていたと思ったら、気づけば蜜郎芋販売期間ももう数週間となりました。

どんどん我が農園から黄色い蜜郎箱を送り出しながら、少し寂しさを感じ始めました。

が!!

そんな蜜郎へのせつない思いを打ち砕くかのように、

2019年度用、ポット苗が到着です!!

実際の感想。

「あ・・・また始まるんやぁ

大切な命と同じです。大事にお芋が育つまで守らないとと自分自身を振るい立たせ直し

ビニールハウスへポット苗を植えました。

 

まず第1ハウスは、「なると金時うまいも」のポット苗です。

工程

①農園で選抜されたお芋を種芋として苗屋さんに渡し、そこから菌に強いバイオ苗を育てていただいております。

②苗屋さんから、さらに選抜されたバイオ苗を受け取り、いよいよビニールハウスへ植えます。

③ビニールハウスでポット苗を育て→畑へ植え付ける芋ツルを作ります。

④畑へ、芋ツルを植え付け

⑤畑で芋ツルが育ち砂地の中に美味しいサツマイモが育ちます。

⑥サツマイモを収穫→100日ぐらい貯蔵庫で熟成→出荷→お客様の元へ

 

 

 

190208U-1等間隔にポット苗を植えていきます。

 

 

 

 

 

190208U-2

苗屋さんから受け取ったバイオポット苗

 

 

 

190208U-3スタッフみんなで植えると早い

 

 

 

 

190208-4

植わったハウス全体の様子です。

 

 

 

 

190208-5勢いを感じますね

 

 

 

190208U-6

今年一番の寒さです

ボイラーで暖を取って、寒さから守ります。

2019年度のお芋の成長も見守ってくださいね。