手詰めです!!

2012/11/30

さて

芋のへたとしっぽを切り、

重さ(サイズ)で選別された蜜郎(みつろう)芋達の行方は?

 

③芋洗い専用機で、蜜郎(みつろう)を洗います。

 

 

 

 

ここでは、

芋屋のプロ(?)の長年の経験とカンによる判断力が試されます。

その芋の芋掘り時期、出荷時期によって、芋の皮のむけ具合が違うのと、

だんだん洗い上がって行く芋の色などをみながら、

洗う時間は、その都度プロの目で判断され、決められます。

蜜郎は、とても皮がむけやすい、扱いにくいさつまいもです。

 

④洗った後、乾かします。

 

 

蜜郎は、淡いピンク色ですね。

ちなみに「なると金時」は、濃い赤紫色ですね。

 

⑤いよいよ「幸せの黄色い箱」に箱詰め作業です。

はせやん・私が心をこめて手詰めです~

さくらんぼほど大変な作業じゃないので、大げさなんですけどね

 

 

1本の蜜郎が何回人の手を通るのでしょうか?

えっと、芋掘り、芋の毛焼き、ヘタ切りと選別、箱詰め・・・何度も手にかかりますね。

箱入り娘 

いえいえ

箱入り蜜郎です。

そしていよいよ出荷となります。